ボトックス効果で美貌になれる【人に知られずに美しくなれる方法】

カウンセリング

ボトックス注射の特長とは

ボトックスを注入することによってしわを軽減させたり、小顔や痩身効果が期待できます。ボトックス効果は大体半年程度継続します。リーズナブルな費用で利用できますし、タイムダウンもほとんどないので手軽な美容整形として人気です。

注射

同僚やママ友に差をつける

注射一本でシワやたるみが消える、エラが目立たなくなるという効果を持つボトックス注射。美容外科で利用できますが、ボトックス効果についてきちんと説明してくれるクリニックや、アフターケアが充実しているクリニック選びをしましょう。

覚えておくべき基本のこと

医者

知っておきたい豆知識

若返り効果やフェイスライン痩せにも効果があると話題のボトックスは美容整形のひとつです。ボトックス効果は非常に高く、利用者はもちろん、これからやってみたいと考えている人も多いでしょう。そんなボトックスを受ける時に知っておきたい注意点をご紹介します。注射をした部分が気になるなど、麻酔をした場合は麻痺しているような感覚が残って触りたくなることもあるでしょう。といって強くこすってしまうとボトックス効果が注射した場所以外にも広がってしまう可能性があります。注射をした当日は軽く洗顔する程度なら問題ありませんが、ゴシゴシこすったり、うつ伏せに寝て圧迫したりするのも避けたほうが良いとされています。また、血行が良くなると腫れや赤みが強くなることもあるため、当日は激しい運動や入浴、また飲酒も避けた方がよい行動の1つです。注射をした翌日からはいつもどおりの生活に戻れることがほとんどですが、数日間は強くマッサージをしたり、顔に強い衝撃を受けたりするようなスポーツは控えておくほうが安心でしょう。ただし、こうした制限は注射の量や内出血の有無によって変わるため、医師の指示を仰ぐことをお勧めします。ほかにも、注射した後にやってしまいがちなこととして、注射した部分を隠そうとメイクを厚くしてしまうケースです。たしかに注射した跡は薄く黄色、あるいは赤く腫れることもありますが、長くても3日程度でほとんど目立たなくなります。ファンデーションやBBクリームは薄く塗るだけでも十分隠せるほどの薄さなので、色が気になる場合は薄くクリームを塗るだけにとどめ、不必要に触らないようにしましょう。一般的な整形とは違い、傷跡が残ったり赤みや腫れが出たりして周囲に整形したと知られるようなことがない、これはボトックスが高い人気を誇る理由の1つと言えるのではないでしょうか。それでいて小顔や顔の立体感出し、シワや表情ジワの改善に効果的とあって、手軽に導入できる美容ケアの一種と考えられている傾向にあります。美容液や乳液をつけるのと同じように、手軽に取り入れられる定期的なお肌のメンテナンス・顔の手入れという感覚を持っている人も多く、整形というよりは日々のお手入れの延長線上にある、と感じている人も多いのでしょう。もちろんボトックス効果が優れているのはもちろんですが、注射の痛みだけでほとんど苦痛を感じずに施術してもらえるというのも良さの1つです。クリニックによって方法は異なりますが、部分的に麻酔をしたり、注射後に皮膚をアイシングしたりすることで傷みを緩和する方法もあります。もともとが注射時のチクッとした痛みだけなので、麻酔やアイシングを使えばほとんど痛みを感じないという人もいるほどです。さらに、ボトックスそのものが医療用に開発されたことからみても、その安全性の高さは折り紙付きで、利用者も安心して使えるという良さがあります。厚生労働省からの許可を得ているものもあり、危険な薬剤ではなく体に害なく使えるというのも、整形したいと考えている人の背中を後押しする一因でしょう。それほど費用もかからず、人に知られずに美しくなれる方法、それがボトックス効果です。年齡や性別を問わずに利用されているのにはこうした理由があるのかもしれません。

医者

美しさは行動から

ボトックス注射には、単なる若返りだけではなく、多汗症の治療や小顔にする効果もあります。こうしたボトックス効果を求めてクリニックを訪れる時は、前もってインターネットで情報を集めておくことがとても大切です。